専業主婦の副業?

スポンサーリンク

私なんか何も特技もないし、人よりも何かずば抜けてできるものもないし、副業といっても何をしていいのかわからない。。ということ、ありませんか?

でも、ちょっと待ってください!

何を隠そう私もそうなのです!何も自慢できることはありません!

会社を作ってみたい、何かをしてみたい、という気持ちはありましたが、具体的に何するってなかなかわかりませんでした。そこである方法を試しながら考えてみたら、なんとなく見えてくるようになりました。

そこで今回は私が実践した、その方法をご紹介しようと思います。

その1 心構え

まずは、自分にも何かしらできることがある、と考えます。

そんな社会をガラリと変えるような大きなものでなく、たとえどんなに小さくとも何かしらできることがある、と。

 

そう、別に誰も思いつかないすごいアイデアがなくても、普通にできることで大丈夫です。

気負いせず、ただただ、今の自分が出来ていることはなにか、それを考えることにします。

立派な考えなんていりません、自由気ままに考えることが大切です。

その2 過去を振り返る

今までに褒められた何かがありませんか?

自分では大したことやったつもりはないけれど、すごいと言われたもの、ありませんか?

センスいいね、とか、素敵なガーデニングですね、とか。

自分とはそれほど大したことしてないのになぁ、というものです。

 

また、これ昔から好きなんだよなぁ~、というものも考えてください。

なんとなく嫌じゃないんだよね、というものでも構いません。

 

そして、どんどん思いついたものを片っ端から紙に書き留めておいてください。

その3 想像を膨らませる

こういうのをやってみたいな~、これオモシロそうだな~、とか考えるとドキドキ、ワクワクするものありませんか?

 

素敵なフラワーアレンジメントを作ってみたい、自分で考えたデザインの洋服を着てみたい、とか。

ドキドキワクワクするものを、どんどん紙に書いて後で見返してみましょう。

スポンサーリンク

その4 その2、3で書いたものを眺める

その2では自分の得意なもの、自分では意識していないけれども他の人から見ると得意と思われるものが並んでいると思います。

その3では自分の好きなものが並んでいると思います。

この両方に当てはまり、なおかつ、それらが他の人の興味や関心を引いたり、助けになったりするもの、ありませんか?

 

昔から手先が器用で、小物を作ることが好きで、友達に作ってプレゼントすると喜ばれる、といったもの。

昔から宝飾品に興味があり、ある特定の宝飾品については詳しく、友達から購入の相談をされる、とか。

 

なんでもいいのです。

リラックスして思い浮かぶものを、古文ではないですが、徒然なるままに紙に書いていってください。

だれにも見せる必要ないので、恥ずかしい、馬鹿らしいと思わず、素直に書くことが重要です。

まとめ

何か1つでも良いので、自分が好きなもので、他の人よりも少しだけ詳しかったりするもので、他の人の役に立てもの、これら3つに当てはまるもの、ありました?

そして、もし1つでも当てはまるものがあったら、それが今後の指針となる可能性が高いです。

 

私の場合、昔から数字やお金に興味があり、数字とお金を扱う資格も取ることができ、そしてそれらを困っている方に何かしらの方法でお伝えすることでお役に立てるのではないか、と考えました。

それが今の私の原点となっています。

 

どうでしたか?

実際思うようにいかなかった方もいらっしゃると思いますが、焦らず、少しずつでも良いので時間がある際に、考えてみるものありなのではないでしょうか。

と、書いてみたものの、私も心理学者やその道の専門家ではないので、この方法がいいのか悪いのかわかりません。それに今でも私は本当にこの方向でよかったのか、毎回悩んでいます。

ですが、悩んでてもはじまりません。なので、良かったらダメもとで、一度試してみてはいかがでしょうか。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク