直接責任と間接責任?分かりにくいので、なるべくわかりやすく解説いたします!

スポンサーリンク

 

会社を設立してみたいな~、と何となく考えている方もいらっしゃると思います。
でも中には、責任関係がどうなっているのか不安だな~、と思われる方もいらっしゃると思います。
そこで、会社の責任について見ていこうと思います!(^^)!

会社の責任の種類としては「直接責任」「間接責任」の2つがあります。
でも、「直接責任」と「間接責任」ってなんですか??

何となくわかりそうで、でも、何となくわからない。。

 

どういうときに登場するの?

そもそも「直接責任」「間接責任」という言葉が登場するのはどこでしょうか?
それは、会社法においてです。
会社法!そうです、法律です!

実際、会社法から探すと大変なので、拾って来て記載してみました。
該当箇所が以下の部分となります。

(会社法から一部抜粋(2017年10月現在))

第580条 社員は、次に掲げる場合には、連帯して、持分会社の債務を弁済する責任を負う

一 当該持分会社の財産をもってその債務を完済することができない場合
二 当該持分会社の財産に対する強制執行がその効を奏しなかった場合(社員が、当該持分会社に弁済をする資力があり、かつ、強制執行が容易であることを証明した場合を除く。)
2 有限責任社員は、その出資の価額(既に持分会社に対し履行した出資の価額を除く。)を限度として、持分会社の債務を弁済する責任を負う。
(社員の抗弁)

さらに、合同会社の場合は以下の条文があります。

第576条 持分会社の定款には、次に掲げる事項を記載し、又は記録しなければならない。
・・・
五 社員が無限責任社員又は有限責任社員のいずれであるかの別
・・・
4 設立しようとする持分会社が合同会社である場合には、第一項第五号に掲げる事項として、その社員の全部を有限責任社員とする旨を記載し、又は記録しなければならない。

フムフム、よくわからん!

って、思いますよね。

直接責任って何?

「直接責任」は「直接」責任を負う、というものです。

でも一体、何の責任を?

スポンサーリンク

それは、会社の債務を直接負う、というものです。
つまり、債権者側は会社だけでなく社員(出資者)に対しても、請求することができる、というものです(^^)

間接責任って何?

じゃあ、「間接責任」は何になるのでしょうか。

会社への出資を限度に責任を負う、というものです。
つまり、債権者側は会社に対してだけしか請求できない、というものです。

合同会社はどっち?

合同会社の場合は、「間接責任」になります。
すなわち、直接債権者から請求されることはありません。!(^^)!

 

「直接責任」の場合は会社だけでなく、社員(出資者)まで請求されますが、
合同会社の場合は「間接責任」なので、社員(出資者)まで請求されることは通常法的にありません。

この点は、合同会社の強みですね(^^♪

有限責任、無限責任って?

さて、ここで有限責任、無限責任との関係が気になると思います

合同会社は「間接責任」になる、ということはご理解いただけたと思います。
そして、次に気になるのが、その責任が「有限」なのか「無限」なのか、だと思います(;^ω^)

「有限」「無限」の説明については、「会社種類一覧」で記載しましたので割愛しますね(^^)/

で、結論から申し上げますと、合同会社は「有限責任」になります。
会社に出資した範囲でのみ責任(間接的で限りがある⇒間接・有限責任!)を負うためです。

合同会社を利用してみよう!

「間接責任」である合同会社なら、直接債権者から請求されることはありませんね。
それでしたら、ちょっと設立して合同会社を利用してみようかしら、と思われましたか?(^^)/

早速、合同会社を設立しちゃいますか?
と言っても、なんだか難しそう~、と思われますよね(;^ω^)
でも大丈夫です!
設立までの道のりを私の実体験を踏まえた「合同会社の設立手順をご紹介いたします!」をご覧ください。
何かとつまずいたりしていますが、きっと参考になると思います。

また、私は合同会社を物販の母体、株式投資の母体として今は考えてみています。
そこでご参考になるか分かりませんが、以下もご参考にしてくださるとうれしいです(^^♪

雑貨の販売コーナー

合同会社で株式投資の話

まとめ

結論、合同会社は「間接責任」。
そして「間接責任」は間接的に責任を負うだけ。

ひとまず合同会社を設立する際には、間接責任を負うのだ、とご理解頂ければ良いです(^^)

ただし!
法律上は直接言われることはないとしても、実際は債権者によって変わってくるかもです(゚Д゚;)
いずれにしても法律上の問題になった際には弁護士さんに相談するのが一番ですね。

少しでも理解のお役に立てましたら幸いです(^^♪

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク