賃料と管理費、どうやって決める?相場はどのくらい?

スポンサーリンク

賃料設定どうしようか?
家賃設定をどうしようか?

家賃と管理費の設定、これ、いざやってみようとするとすごく難しいです(T_T)

家主としては、出来るだけ高い方が良い。これでローンの返済もできる!
一方、入居者としては、安い方が断然良い!

この2つの相反する部分に落としどころを見つけるしかないです。

設定を失敗したら入居者が決まらず、空室になってしまう。
でも、家賃と管理費を安くし過ぎてしまうと、返済できない💦

このジレンマに少しでもお役に立てればと思い、家賃管理費の設定方法についてお伝えしたいと思います。

この記事でわかること!

  • 家賃と管理費を決める時に踏まえるべき事項
  • 結局、家賃と管理費は立地、築年数等々もろもろの条件の中で自分で設定するしかない

家賃と管理費の相場を把握する

相場

株式市場じゃないですよ。

周辺の同じような賃貸物件の賃料・管理費がいくらなのか?
それを調べることが第一ですね!(^^)!

周辺の相場から大きく乖離してしまうと、売れ残ってしまう可能性がありますね(;^ω^)

相場を把握する時に以下に留意すべきですね。

  • 立地(駅徒歩○○分、周辺の状況(スーパー、病院)、治安、坂道など)
  • 構造(鉄骨鉄筋コンクリートなのか、木造なのか等)
  • 間取り(1K、1LDK、ロフトなど)
  • 面積(○○㎡)
  • 設備(独立洗面台、エアコン、オートロック、防犯カメラ、インターホン、宅配ボックスなど)
  • 敷金、礼金
  • 築年数
  • ネット環境、テレビ環境

これらを意識しながら、自分の賃貸物件と比較するのが良いです(^^♪

特に立地とか構造などはなかなか動かしにくいですが、設備であればアピールできるかもしれません!

そこで、特に以下については強いアピールポイントになるのではないか、と私は考えています。

■ネット無料(少なくともネット速度が下がらないような工夫がなされている)
 ⇒これはますます重要になってくると考えます。
  2020年今でさえ5Gが導入され、大量・高速でのデータ通信がなされています。
  今後もこの流れは止まらないと想定され、そう考えると、ネット環境は重要です!

■オートロック、防犯カメラ
 ⇒セキュリティー面ですね。
  女性一人暮らしでしたら、なおさらセキュリティー面が重要です。

■宅配ボックス
 ⇒COVID-19、つまりコロナ禍において通販は重要です。
  通販の需要が増える中で、宅配ボックスがあった方が何かと便利ですよね(^^♪

スポンサーリンク

近所の不動産屋さんに聞いてみる

不動産のプロである不動産屋さんに確認する。
実際に不動産屋さんに赴いて、同じような物件の賃料を聞いてみる。

また、管理業務を委託しようとしている不動産屋さんに調査してもらう

私の場合は三井ホームさんに周辺の賃料調査を実施してもらいました。
(これは無料でやってくれます(^^♪)

また、工事業者を選定する際に、住友林業さんともお話をしていましたが、こちらも無料で周辺の家賃相場、立地や大体の設備からの予想賃料を算定してくれました。

考慮すべき事項

賃貸経営を行う上で重要なことは入居者の確保
そして入居者の確保をするためには、それだけ人目に触れる必要があります。

一方、入居者としては、ネットで家を探すことが一般的ですね。

となると、ネットで検索した際に、検索に引っかかるようにしないといけないですね!

賃料以外ですと、駅徒歩○○分とセキュリティー面などが重視されると思います。
賃料でしたら、「○○万円以下」とかで検索されると思います。

従って、相場よりもあまり高く設定してしまうと、検索から漏れてしまう可能性が高まります💦

でも逆に、低すぎるのも自分の首を絞めてしまうことになります。
それに築年数が経過すると、その分減額する可能性も出てくるため、低すぎると致命的になります。
本当は適正家賃が9万円のところ5万円である場合、大家としては経営上苦しいですね(;^ω^)
(まぁ、入居者にとっては嬉しいことだと思いますが(^^♪)

そのため、やはり相場や状況に応じた適正家賃を決定するのが良いですね。
ただ、その「適正」という部分が非常に難しいですが💦

結局は自分で判断するしかないですね(;´Д`)
これも、経営、の醍醐味なのかもしれませんね。

まとめ

正しい、適正家賃がいくらです、と明確には言えません。

設備や立地によって、高いと感じるかた、安いと感じる方、人によって異なります。
需要と供給、さまざまな要因によって変わってきます。

そのような中で、自分がベストと思う家賃を決定する。
難しいです💦

ですが、上記をご参考頂き、出来るだけ「適正な」と思われる家賃を設定しましょう。
そして、入居者も家主もwin-winな状態になるようにしましょう(^^♪

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク