合同会社とは何?

スポンサーリンク

合同会社とは

合同会社って何か知りませんか?

たんころ

合同会社?うん、知ってるよ。

合同会社を設立したい!
そう思っても、そもそも合同会社とは何!?って、なりますよね(;^ω^)

私もはじめはそんな感じでした(^^;
そこから四苦八苦しながら、なんとか合同会社を設立してみました。

そこで、今回はそのような疑問にお答えすべく、この記事を作ってみました!(^^)!

この記事でわかること!

  ①合同会社とはどのようなものか
  ②合同会社の特徴
  ③合同会社のメリット・デメリット

合同会社とは何なのか??

会社法という法律において、会社は大きく「株式会社」と「持分会社」の2つに分かれます。
そのうち「持分会社」はさらに「合名会社」「合資会社」「合同会社」の3つに分けられます。

つまり、「合同会社」とは会社法における会社形態の一つ、ということになりますね(^^♪

合同会社の特徴

主に次の2つが特徴になります!

特徴①:所有と経営が同一

所有と経営が同一??どういう意味なの?

たんころ

専門用語になるから説明するね!

会社を持っていること、つまり「所有」ですね。
会社を運営すること、つまり「経営」ですね。

この「所有」と「経営」が同じ、つまり所有者が経営者になっているようなイメージです!(^^)!

一方、「所有」と「経営」の分離、という言葉もあります。
こちらは、所有者と経営者が分かれていることを言います。

これは、株式会社をイメージされると良いです。
所有者=株主、経営者=取締役、のイメージですね(^^)/

合同会社は「所有」と「経営」が同一になっているので、自分の意思で思い通りの経営ができますね!
つまり、個人経営的な会社に向いている、ということです。
(もちろん、そうじゃない、Amazonジャパンや西友のような大手のケースもありますよ)

特徴②:間接有限責任

合同会社は間接有限責任になります!

「間接有限責任」とはなんですか??

こちらも専門用語ですね。

「間接有限責任」とは、責任が間接的で有限である、ということです。
分かりやすく言うと、出資した金額しか責任を負わない、ということです。

こちらについては以下の記事で分かりやすく説明しているので、ぜひご覧ください(^^♪

スポンサーリンク

合同会社のメリット・デメリット

メリット

その①:設立費用が安い!

合同会社は6万円程度で設立することができます!(^^)!
株式会社の場合は、な、なんと20万円くらい(;^ω^)

この差は大きいですね~。

その②:決算の公表が不要!

決算数値を公表しなくて良いのです!
これは非常に大きいですよ。
メンタル面に非常に効きます!

その③:運営の自由度が高い!

合同会社は「定款自治」といわれ、定款で色々決めることができます(^^♪
配当金の金額、業務を執行するのかしないのか、等々を自分で決められます。
そのため運営の自由度が高いです。

デメリット

その①:信用度が低い!

株式会社の方が大規模な感じがしますよね?
そうすると合同会社って聞いても、え~、それ信用できるの??って感じしませんか(;^ω^)

この感覚こそが、信用度が低い、につながってしまいますね。

その②:知名度が低い!

こちらも信用度が低いことと同じ原因ですね。
そもそも、みんながあんまり知らない。。

もっとメジャーになっていけば、これらの点はクリアできますね(^^♪

その③:社員同士で仲違いしたら大変!

一人合同会社ではなく、知り合いを誘って2~3人で合同会社を設立した場合ですね。
特に合同会社は人的会社と言われるように、「人」の役割が大きいです。

もし、だれがラクしてる、だれが得している、不公平だ!となると、大変なことになりますね。
「人」で成り立っているのに、「人」がいなくなってしまったら、会社が機能しないです。。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
合同会社とは何なのか?お分かりいただけましたでしょうか。

メリット、デメリットが当然ありますので、それらを踏まえるのが重要ですね(^^♪

合同会社とは何か?何となくですけど、わかりました!

たんころ

合同会社と株式会社の違いについても、下の記事で説明しているので、こちらを読んでもらえると、理解が深まるよ!

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク