投資とは何だろう?

スポンサーリンク

投資した方がいいのかしら~、と思うのですが、そもそも投資とは何ですか?

たんころ

投資とは何か?なかなか難しいね…、考えてみよう!

投資とは?

ちまたでは様々な「投資」があふれていますね。
でも、そもそも「投資」ってなんなのか?
「投資」に興味があるけれど、一体何か。

この回答がありそうでなさそうな「投資」についてご説明したいと思います!

≪ご留意≫
個人的な見解なので、ご参考にされる程度でとどめておいてください!
学者先生でもなければ、投資の専門家と名乗れるほどの実力もありませんので💦
一人のUSCPA保有者が考えている意見なので。

投資とは

完全に私の解釈ですが、
「投資」とは、自分が持っている「資産」を「投じる」行為、です。

従って、自分の持っている「現金」という「資産」で「株式」を購入すること、これも立派な「投資」ですね(^^♪

自分の持っている「資産」、これは解釈に幅がありますね。
例えば、現金、株、土地、建物、車など、これらも「資産」
同様に、自分自身も「資産」と言えますね(^^♪

自分という「資産」を資格学校などに「投じる」ことも「自己投資」になりますね。

「資産」を「投じる」からには、何かしらの利益を得たいところですね!

一方で、「投じて」みないと結果がわからない ⇒ 利益が得られるかわからない!
つまり、「投資」しても必ず儲かるとは限らない、そして損するかもしれない(>_<)

これが「投資」の怖い面ですね(゚Д゚;)

投資の種類

投資というけど、株式投資くらいしか思い浮かばない…、他にあるの?

たんころ

色々な投資があるよ!

以下がすべてではありませんが、幾つかご紹介いたしますね。

◆株式投資
 ⇒言わずと知れた「株」ですね(^^♪

◆投資信託
 ⇒いくつかの個別株を組み合わせたものを一つの商品としてプロの方が運用しているものですね。

◆不動産投資
 ⇒こちらもアパート経営、マンション経営など耳にされたことがあると思います。

◆自己投資
 ⇒こちらは重要な投資ですね!(^^)!
  英会話学校、資格取得学校、お料理教室などなど自分磨きをしないとですね(^^)

◆確定拠出年金
 ⇒退職した後のことを考えて、自分の退職金部分を運用して少しでも増やさないとです。

◆先物取引
 ⇒なかなか馴染みがないですよね。私もです💦
  将来この値段になるだろうということで、あらかじめ売ることや買うことを予約しておく取引。
  デリバティブ商品の一つですね。

◆為替取引(FX取引)
 ⇒1ドルを100円で買って、1ドルが120円になった時に売れば、20円利益が出ます!
  レバレッジをかけることで、自分の拠出している資産よりも多額の取引が可能なのが魅力ですね。
  でも、当然ながら、損した場合には大変なことになってしまいます💦

◆駐車場投資
 ⇒余っている土地があれば、駐車場にして稼ぐのも一つの手ですね。
  でも、土地が余っているなんて私にとっては夢のまた夢(ノД`)・゜・。

◆コインランドリー投資
 ⇒一時すごく流行していたコインランドリー投資。
  洗濯用の機械を購入し、置いておけば色々な人が使ってくれて、収益を生み出します。
  単純そうに見えて、実は奥が深いコインランドリー投資ですね。

スポンサーリンク

◆クラウドファンディング投資
 ⇒株式投資に似てますね。
  クラウドを利用した資金調達方法ですね。
  お金を集めている方にネットを通じて出資する投資方法になります。

◆ランドバンキング投資
 ⇒将来開発されるであろう土地を買っておく、というものですね。
  昔でいう原野商法と呼ばれるものに発想が同じですね。

ザっと挙げてみましたが、様々なものがありますね。
これからどれに手を付けて良いのか、悩ましいところですね(;^ω^)

なぜ投資を行うのか

なぜ投資を行うのか?
それは、将来の不安や目の前の資金を用意したいから、など理由は様々だと思います。

一昔前なら、貯金しておけば年利数%で増えていく時代もありました。
しかし、今は超低金利な時代
多額の貯金をしていてもやっと数十円貯まるか貯まらないかの世界。
しかも、そのわずかな利息にも税金が掛かって、手元にのこるのはほんのちょびっと。。(ノД`)・゜・。

それならば、貯金より投資に回すことで、すこしでも多くの資産を形成しようではありませんか(^^♪
ということで、貯金だけでなく、投資も良いよ、ということを考えていこうと思います!

①現金や貯金だけを持っていることの怖さ

まずは物価の上昇があった場合、相対的に貨幣価値が下がってしまいます。
そうなると、現金や貯金だけで持っている場合、資産が目減りしてしまいますね( ゚Д゚)

また、現金をタンスに預金していても、もしかしたらカビは生えるかもしれませんが、増えません。。
銀行や郵便局に預けていても、超低金利なのでほとんど増えません。

②給料だけでは足りない?!老後の資金

老後夫婦で2,000万円かかると言われていたりもします。
そんなに用意できるのか💦
教育費、生活費諸々考えても、自分たちの老後に2,000万円残すことは至難の技(;´Д`)

給料だけでは不安…、そんな感じです(>_<)

③資産運用シミュレーションをしてみる

じゃあ、実際いくらを投資に回せが良いのか?
そこで面白いのが以下のサイトになります(^^♪

≫ご参考:金融庁のホームページ「資産運用シミュレーション」

あやしいところではなく、金融庁のホームページなのでご安心ください!
これで色々試しに数値を入れてみると将来どのくらいになるか見えるので面白いです!
オススメです!色々いじってみてください!
(別に金融庁の回し者ではないですよ(;^ω^))

④複利計算によりさらに利息アップ!

各年に発生した利息をさらに追加投資して、さらに利息アップ!!
好循環が好循環を生み出すことになりますね(^^♪

上記のシミュレーションは複利で計算されているので、すごく参考になります。

⑤分散投資をすればリスクも抑えられる

色々な銘柄、色々な国のもの、5年とか10年にわたって少しづつ投資する。
銘柄、地域、時間を分散しながら投資することで、リスクを少しでも回避することができますね(^^♪
いわゆる、タマゴを一つの皿に盛るな、ということですね。

これらを考えると投資も良いな~、と思いませんか!(^^)!

投資の怖さ

一方で、投資は怖さも伴いますね(;^ω^)

◆株価変動リスク
 株式に投資した場合、株価が変動します。
 買った値段より株価が下がってしまう可能性があります。

◆信用リスク
 回収できないリスクがありますね。
 例えば債券を持っていても、対象会社が倒産してしまったら、その債券を回収することができませんね。
 デフォルトリスクとも言われたりしますね。

◆流動性リスク
 なかなか売れない・買えないことが発生する可能性があります。
 不動産に考えると分かりやすいと思います。
 例えば、土地を売りたいと思っても、なかなか売れなかったりしますよね。
 逆に株式であれば、すぐに買ったり・売ったりすることができますね。

◆金利変動リスク
 超低金利時代と言えど、いつ金利が大きく動くか分かりません。
 金利が変動することで株式市場も含め色々影響受けますからね(;^ω^)

◆為替変動リスク
 1ドル=105円だったり、110円になったり。
 米国株を買った場合、株価の変動のみならず、この為替が変動するリスクも受けますね。

リスクを認識したうえで、投資しないと危ないですね(;^ω^)

まとめ

これからの時代では投資とうまく付き合っていくことが重要になりますね。
投資は自己責任でじっくり考えてからやることが必要です。

大切な財産を投資しておいて、大きく失う可能性もゼロではないです。
そして、当然ながら誰かのせいにすることもできません。
孤独な戦いですね(;´Д`)

なにもしないことも一つの手です。
でも、何かをするのも一つの手です。
どのような選択であろうと、自分で選んで進むしかないですね!(^^)!
一緒に頑張っていきましょう(^^♪

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク